サードコラム

革彫刻「カービング」 サードコラム vol.4

サードコラム vol.4 革彫刻「カービング」

みなさんこんにちは(((o(*゚▽゚*)o)))今日も革日和ですね\(//∇//)\

さて、第四回目のコラムは、待ちに待った(私が)カービングの出番です!!!

今まで「なぜタンニンなのか」を説明しましたが、このカービングのために説明したと言っても過言では無い!!!
タンニンで無ければいけない1番の理由!!! それがこのカービングなのです(((o(*゚▽゚*)o)))

カービングとは……
日本語で「革彫刻」
色々な模様が付いた鉛筆ほどの鉄の棒…「刻印」(コクイン)を………

わかりにくいな(^◇^;)

「ハンコ」をイメージしてもらえばイイと思います。
その模様が違う何本ものハンコを使い分け、革に彫刻をして行く技法です!!!

~カービングの歴史~
スペイン発祥の技術で、馬の「鞍」に滑り止めとして傷を付けたのが始まりです。
その傷が、文様になり、今では美しい装飾として愛されています。

当店はこれが「めちゃめちゃ」得意です(((o(*゚▽゚*)o)))

どんなモノが彫れるかといいますと……
なんでも彫れます!!!
龍や鳳凰、文様や動物から風景まで幅広い作風があります。
でも、なんでもと言ったらイメージが付きにくいので、
当店の得意とする所を紹介します。
これは写真が無いとわかりにくいので、写真をご覧ください\(//∇//)\

ライオンカービング

ライオン

龍カービング

鳳凰カービング

鳳凰

その他カービングの制作事例>>>

どうでしょうか?
ここで紹介してる100倍は彫ってますが、全部は載せきれないので、
イメージがわかればイイかなと思います。

どうやって彫って行くのかといいますと……

別のブログで紹介してますので、興味があればどうぞ。
レザークラフト “カービング”を極める!>>>

なぜそんなに自信があるかと言いますと、当店ではお客様一人一人にデザインの提案、
そしてストーリーの提案をしているからです(((o(*゚▽゚*)o)))
せっかく彫るんだから、テンプレートじゃ無く、自分だけのが彫りたいですよね?
私ならそうなので、お客様にもそうしてます。

お客様満足が1番高いから、自信があります(((o(*゚▽゚*)o)))
これぞ「キング オブ オーダーメイド」!!!
ウチのように小さなお店ならではの楽しみ方ですね\(//∇//)\

……なんだかお店紹介みたいになってしまいましたが、まぁそんなつもりで彫ってます!!!
何よりも、彫ってて楽しいんです!!!
\(//∇//)\

カッコ良く言うと……
「革と会話をしながら」彫ってます!!!
革って生き物なので、場所によって風合いが違ったり、伸び方が違ったりします。
その場所場所に、最適な力加減と角度で、革に命を吹き込んで行く……
たまらん!!!(((o(*゚▽゚*)o)))レザークラフター冥利に付きます!!!

余談ですが、革の場所によっての違いを見るのに「革読み8年」なんて言ったりします。
そのぐらい小さな違いです。
とても奥が深い技術なので、当店に遊びに来られたらもっと説明しますよ(((o(*゚▽゚*)o)))
だいぶ熱く語ってしまったので、ページが残り少なくなってきました。

次回は「手縫い」について語ろうかな?

それではみなさん!!! GOODなレザーライフを!!!(ネタが尽きてきたな…)

シーユー(((o(*゚▽゚*)o)))

<< vol.3 タンニン鞣しの魅力 vol.5 「革職人の技「手縫い」 >>